読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トキ鉄新潟 練馬支所

電車とバスと道路橋など…

最近の展示車

最近、気になるクルマが増えてきたので、色々見てきました。

まずはインプレッサ

f:id:tokyohaneuma234:20161105215456j:plain

IMPREZA SPORT 2.0i-L EyeSight / 2016.11.03@増上寺

新型がデビューしたスバルのインプレッサです。こちらは2.0Lの標準グレードになります。FFはGT6、AWD(4輪駆動)はGT7という形式になります。(スバルHP諸元表より)

f:id:tokyohaneuma234:20161105215954j:plain

FB20 BOXER直噴エンジン

スバルさんおなじみの水平対向エンジンです。今回直噴化されたようです。

f:id:tokyohaneuma234:20161105220441j:plain

ラゲッジスペースは奥行きがあります。後席は広いですが、頭上が狭いので乗り込みは少し気をつかうことになりそうです。

f:id:tokyohaneuma234:20161105220556j:plain

運転席シートです。先代は肩周りが平べったく、ともすると欧米人向けのようなシート構造でしたが、新型では肩周りにもサポートが付くようになり、背が低い人や細い人のホールドも良くなったような気がします。(あくまでも見た目判断ですが)

f:id:tokyohaneuma234:20161105221013j:plain

ステアリングのスイッチは増えています。EyeSight(Ver.3)関係とSI-DRIVEスイッチは右手側に、オーディオ・ナビスイッチは左手側にあります。パドルシフトも備わっており、ゲーム機の裏のL・Rボタンみたいな感じで変速ができます。

f:id:tokyohaneuma234:20161105221305j:plain

メーターはレヴォーグのものに準ずる、水平ゼロ指針です。

f:id:tokyohaneuma234:20161105215637j:plain

LEVORG STI Sport

変わってレヴォーグです。特別仕様車STI Sport」ですが、私には手の届かない車だろうと思っています。

f:id:tokyohaneuma234:20161105221620j:plain

ステーションワゴンだけに、ラゲッジスペースの奥行きが更に広くなっています。

f:id:tokyohaneuma234:20161105221706j:plain

運転席です。全席ボルドーの本革シートがおごられています。

スバルはボクサーエンジンやAWDなど、独創的なメカニズムが好きです。この日に見た車はルーフの低い車ばかりだったため、今度はフォレスターあたりも見てみたいです。

所変わって、日産も見てきました。

f:id:tokyohaneuma234:20161105222055j:plain

NOTE e-POWER X e-スタイリングパッケージ装着車 / 2016.11.04@日産グローバル本社ギャラリー

11月2日にデビューしたばかりのノートの最新モデルです。e-POWERという最新のパワートレインを初採用しています。バッテリーに蓄電された電力とエンジンから発電されたパワーを併用し、走行モーターを常時使用することで電気自動車感覚の乗り味と優れた低燃費、それに充電インフラ問題の解消(私的重要ポイント!)を実現しています。

f:id:tokyohaneuma234:20161105222957j:plain

リアビューです。リアコンビネーションランプの意匠が変わりました。ラゲッジスペースにはフロアボードをアクセサリーで装着でき、二段床にしてリアシートを前倒しにした時にフルフラットスペースを作ることも、下段に展開してスペースの深さ方向を広げることもできます。

f:id:tokyohaneuma234:20161105223027j:plain

内装は、e-POWER XやX(DIG-S含む)は写真の通りブラックにホワイトのアクセントのトリコットシートが、MEDALISTにはブラウン系のコンビシートが標準で採用され、オプションで合皮のアイボリーシートが選択できます。私の好みはXのブラックです。

f:id:tokyohaneuma234:20161105223345j:plain

ステアリングは夏にデビューしたセレナに続いて、D型断面式を採用しています。Xではウレタングリップとなっています。ナビ装着用のオプションセットをつけると左手側にオーディオ・ナビスイッチがつきます。

f:id:tokyohaneuma234:20161105223622j:plain

メーターはスピードメーターが中央に、ディスプレイが両側に配置されています。左側のディスプレイはエネルギーインジケーター、右側は残量計・オドメーターなどです。常時エンジンが回転しないこの車では、タコメーターがなくても文句はないでしょう。

f:id:tokyohaneuma234:20161105224048j:plain

ノーマル仕様のX e-POWERも展示されていました。この他にメダリストのe-POWERが色違いで3台ありました。ナデシコピンクは個人的に選びにくい色ですが、女性には人気があるようです。男性はどちらかと言うとブルーやブラックを選ばれる方が多いと、ギャラリーのスタッフの方が言っていました。

セレナもノートも面白いことになっています。私は「各メーカーにそれぞれ好きな車がある」というクチのクルマ好きですが、ちょっと日産にはまりそうです。